最中づくり一筋、名古屋 尾頭橋の和菓子処、不朽園(ふきゅうえん)

トップイメージ
不朽園の歩み
お菓子 不朽園は1927年に初代が門前町大須不老園別家として始めました。店頭には不朽饅頭甲高、尾頭橋ぜんざい、菊最中、羊羹などが並んでおりました。その後、戦争が激しくなり昭和19年すべてを戦火で失い、戦後昭和21年同尾頭橋に復帰しバラック建ての仮店舗にて営業を再開し再び歩み始めました。当時、食糧難で思うように原料が手に入らず名古屋駅西にてブローカーなどから砂糖、小豆を困難きわめて仕入れながらのスタートでした。その頃は、和菓子、おしるこののれんを掲げて徐々に売り上げも伸びて行きました。ちょうどこの頃に最中の餡の製法に工夫を凝らし不朽園独自の味を生み出しお客様からの好評を得て、日祝祭日には店頭に行列が出来るようになりました。 昭和30年に店舗を新築したのち、その店構えで現在まで続いております。

現在に至るまで続けることが出来ましたのはお客様のおかげであり、不朽園にたずさわったすべての方のおかげであります。
不朽園独自の味を生み出すことが出来ましたことは大変にありがたく幸福なことでであります。
不朽園の名前の由来
お菓子 “竹石不朽”という言葉と、大須門前町の不老園からの暖簾別けと言うことをふまえて“不朽園”と言う名前になりました。
こだわりの和菓子
お菓子 不朽園ではお客様の期待にお応えして信頼をいただけますよう日々努力しております。 お菓子作りに向かう姿勢、少しでもお客様においしいと思って頂ける和菓子を作ろうとする職人の気持ちが大切です。

おいしいと思って頂けるお客様の笑顔が一番のこだわりです。
ページ先頭へ戻る